ブログトップ

Kikoujin staff diary - いまさらツイート -

うつわの秋、最終幕open!

今年の有田は秋めくのがめっぽう早かったような。
今朝も2度。
日中の日本晴れは嬉しいものの、朝晩の寒気に対応するのにはあたふた。

早朝はエアコンがスットンスットン止まるので間つなぎにヒーター購入。
お弁当作りの足元に使えそうです。

f0346786_14311295.jpg






さあ、、、
明日から「秋の有田陶磁器まつり」が開催されます!
11月22日(水)ー26日(日)の5日間。


年々この時期を狙うお客様が増え、私たちもチカラが入ります。



まず今年は康創窯さんの迎春シリーズのnew itemが入荷いたしております。
秋といえば、お正月準備品ですから、これは売り切れ必至です。


そして、ペールカラーがかわいい一龍陶苑さんの色釉シリーズ。
シンプル和ポップなフォルムがかわいい、全5色7アイテムです。
ウインドーを明るく変身させてくれました。

f0346786_14302934.jpg


その他にも、松幸陶芸さんの新シリーズの飯碗湯呑&ポットもかわいいですよ。

あれもこれもお見せしたいのですが
初日をお楽しみのお客さまのため、写真は控えめ。
徐々に情報公開いたします~。

また、お越しの際は
公式観光サイトで駐車場やイベント、ご飲食の情報をチェックなさってください。
イベントサイトありたさんぽ→★

たくさんのご来場お待ち申し上げております!




うつわって、生活物資の中でさほど頻繁に購入する分野とは言えませんが
何も考えずにスーパーで買う分野でもありませんね。
色々語る私も、若い頃はうつわやさんは敷居が高いものでした。

衝動買いをするにしても、アイスクリームは購入後消えてなくなりますが
うつわはそののちずっと手元に残ります。
やはり良いお買いものにしたい、この歳になっても悩むものですね。

先日修学旅行の方々の初々しい目線にとても感動しました。

f0346786_15092859.jpg



「こんなので食べたらめっちゃおいしそうじゃない。ぜんぜん料理しないけどwww」

その一言に、これからの日本の食卓も有田の未来もまだまだ楽しみだと思えました。
若いこの食卓の後継者に、有田へまたぜひ来ていただきたい。


そう強く思ういま、秋のおまつりは始まります。
有田へわざわざお越しいただき、うつわを吟味してくださる皆さま。
心から楽しんでいただきたいですね。
そして、うつわだけではなく、あの裏道は?あの銀杏の色づきは?
などなど、気づきながら有田町を支える目線となっていただきたいな、と。

ぜひ、お店でたくさんのお話にふれられることを楽しみにお待ちいたしております!

See you !


[PR]
# by kikoujin | 2017-11-21 15:25 | イベント | Comments(0)

ふれあう和食。

日曜お店番、秋晴れの終日好日。
とても気持ちの良い日でした。

f0346786_16495233.jpg

フランス、ボルドーから日本へ旅行中の60代のご夫婦。
片言の英語ながら私にとても歩み寄って下さいました。

「まず京都を堪能したわ。高松、松山、福岡から別府と唐津・有田へも。
お天気も良くて、とっても素晴らしい旅よ。」

奥様の身振り手振りのお話に私もうれしくなり「日本食はいかがですか?」と。

「すべて美味しかった。とくに親子丼、気に入ったわ!」
とウインクしながら大きく頷かれた奥様。

短い時間でしたがとても楽しいふれあいで、遠いフランスから日本へお越し下さったことに心より感謝いたしました。



さて、日本の大事な主食、新米シーズンにベーシックで新しい飯碗のご紹介です!

晧洋窯さんの染錦濃十草面取り飯碗(緑・黄)。
利左エ門窯さんの三島唐津飯碗(大小)です。

f0346786_01271345.jpg

晧洋窯さんのこの飯碗(写真左側)は面取りした形が手によく馴染み、
ほんのりとゆす灰色(とろんと灰色がかった色)もとってもやさしい雰囲気。
丁寧な染錦の十草はシンプルで鮮やかなデザインですね。

飯碗の大きい方が緑。小さいほうが黄色です。
湯呑みはサイズはひとつで、緑と黄色の2色からお選びいただけます。

いつもの食卓にすんなりと似合ってくれるんです。
それでいて和モダンで粋な雰囲気が出るのも素敵。

f0346786_12193722.jpg

実店舗でもお若い方からご両親世代まで、幅広くお求めいただいております。
晧洋窯 染錦濃十草面取り飯碗 コチラから→★


そしてもう一つは、波佐見焼 利左エ門窯さん 三島唐津飯碗湯呑です。

f0346786_12195586.jpg

本社・尾崎陶器では5年以上人気の衰えない定番商品ですが、
実店舗でもよく出ますので、在庫確保していよいよwebにアップです!

彫りを施した型を使った鋳込み製法で風合い豊かに仕上げてあります。

土ものですので彫りの浮かび上がりも様々。
釉薬の掛かり具合も職人のひとつひとつの作業で表情も変わってきます。
まさに手作りの醍醐味はここに。

土ものはあまり持っていない、という方にも
飯碗湯呑から、ちょっとこなれた感じに取り入れられるのもおススメです。

同じおかずなのに晧洋窯さんの飯碗の食卓とはまた違った印象になりますね。
当店自慢のnew item。じっくり選んで下さいませ。

利左エ門窯 三島唐津飯碗 コチラから→★



秋は実りのおすそわけもしばしば。

散歩していた父が「おーい!どげんしようか~(どうしたらいい?)!?」
と土のかたまりを手に言って来ました。
自宅の裏で畑をいつも世話しているおじさんから、大きな自然薯をいただいたのです。
目の前で掘ってくれるとは、ライブだね~。

f0346786_17002562.jpg

さっそくすり鉢ですりおろし、お出汁と卵黄でさらに擂って。

いやはや絶品!芋の濃い風味に土の香り。
口いっぱいにもったりと広がるきめの細かい自然薯が、炊き立てごはんをスルスルと運びます。
日本人に生まれてきてよかったぁ。

大満足の秋の夕餉。

皆さまのこの秋の絶品、お店で教えてくださいませ。

では、see you …










[PR]
# by kikoujin | 2017-11-13 14:30 | new item ♯ | Comments(0)

笑う秋。

一年で一番好きな秋。しかも連休。

休日のお店番は気分ゆったり、
お客様とのお話は楽しく盛り上がります。

f0346786_17122027.jpg

「歩くのが目的で、朝、黒髪山(有田から北に臨む主峰)登って、龍門まわって、ここまで来たのよ~v( ̄Д ̄)v 」

えーーー!すごいですーーーー!
黒髪山上るだけでもぐったりなのに、
ぐるりと龍門峡ダム方面をまわって上有田なんて…。

「まあ、山登り+8Kmくらいかな。
途中でおいしいうなぎ食べてさ、露店にはぶどうでしょ、梨でしょ、柿でしょ。お土産ついでに試食したんで、カロリーオーバーよね!あーはははっ!」

そ、そういうオチがあるんですね…。
山登りとグルメ、素晴らしい趣味とオチに完敗。
ご婦人3人の仲良し旅は笑いが絶えません。

私も元気をもらったところで、、、

さあ、web shop情報!
秋の食材を楽しむメニューと言えば、
パスタ!(*゚∀゚)σボーノ☆
そこで、秋の特別企画、有田焼パスタ皿・チェルキオ・送料無料キャンペーン!

f0346786_17140627.jpg
すばらしくhappyな企画です!
変わらぬ人気商品を秋のこの時期に送料無料!

まだ使ったことがない方にはぜひお求めいただきたい、
そんな思いでこの企画をお届けいたします。

オリーブオイルソムリエの石井秀代さん監修の
すくいやすく、美しく盛りつけられるフォルム。

ソースをたっぷりかけたものや、
魚介やお野菜の具だくさんパスタも、
じつにおしゃれに仕上がるという。
f0346786_15353773.jpg
秋なす。
この時期、
野菜室にこの方がいないなんてことはない!
チーズ&トマトと堪能するテッパンレシピ。
黒のデザイン「ビンゴ」によく合います。
もちもちのファルファーレを絡め
ワインをいただきながら…、ヤバいヤバい。

f0346786_15360304.jpg
今から楽しみなのは牡蠣!
隠し味のお醤油はフレッシュなオリーブオイルとよく合いますよね。
この文山窯の「ドルチェ」は、
お料理を引立て、ゴージャスで大人な品格。

やはりこのチェルキオの形の良さ
デザイン性もお料理を盛りつけた雰囲気も
文句なしに使う人を満足させてくれます。

それが贈答品として今も人気が続く理由ですね。
最初は自分用、家族用、来客用、お友だちへ…
今も実店舗、web shopで絶えることがありません。

今回はそんなお客さま方へ感謝のお試し企画!
送料無料でお取り扱いいたします。
もちろん無料ラッピングも承ります。
贈りものや家族分に考えていらした方には朗報~。





チェルキオ、といえば……
仲良しご夫婦2組、お車でお越しです。

A様「以前、こちらのBさんのお引っ越し祝いにパスタ皿を贈ったのよ。」

はいはい!覚えております!

B様「今度は私がAさんに新築祝いするんだけど、
やきものにするけど何がいい?って聞いたら、
一緒に有田へ行って決めるって笑www」

なんとも仲の良いA様とB様。
本当に気心知れた仲なのですね。

A様「Bさんが私があげたうつわを使ってるの見て、私もこのパスタ皿ほしくなって。」

そういうことですね。
これはもう、うつわ屋冥利に尽きます( ノД`)

f0346786_06423584.jpg

そうして、
仲良くまたチェルキオをお選びいただき、、、

B様「次はあなたの坊ちゃんが結婚するときね。」
A様「わかった、息子に料理好きの相手探しとかなきゃっ!」
B様「あら、いまどきはパスタなんてダンナの担当よ。」
A様「言えてるぅ~~~。息子に教えとかなきゃ~。」

旦那さま方と私はただただ笑うばかり。
またまた笑顔の絶えないお見送りでした。

秋はここから。語らいは続きます。

ご来店お待ちいたしております。

see you…











[PR]
# by kikoujin | 2017-10-09 08:47 | イベント | Comments(0)

秋空は母心。

九州はようやくさらりとした涼しさが。
先週までとは打って変わり、
お天気が変わりやすくも美しい秋の空に。

さあ、秋の始まりに楽しいアイテムご紹介です!
波佐見焼 丹心窯さんの「スパイラル」(らせん白磁小鉢)です。
f0346786_15123177.jpg
カッコいいでしょ、このエッジの効いたおしゃれなスタイル。
丹心窯さんのうつわは磁器の透明感と洗練された造形美を存分に打ち出したデザインで人気があります。
この小鉢はそのテクニックが存分に味わえます。

小鉢ですが、これが使ってびっくりのお役立ちアイテム。(表現が実演販売風ですが)
日々のおうちごはんで小鉢やしょうゆ皿に。
ひとが集まる時にはたくさん並べてトッピングや薬味入れに。

f0346786_15005310.jpg
またソースやオリーブオイルを入れて目の前でかけてあげたら?
角の部分から美しく注げます。

置き方を工夫すると仕切皿のように整然と並んでくれ
家族やお友だちにちょっと印象アップしそうな
シンプルなおしゃれさが素敵ですね。

f0346786_15013142.jpg

一見洋風に見え、和のおかずが美しく映えるところもポイントです。
お漬物、和え物、生もの、煮物、果物…
旬のおかずを細やかに取り込む日本の食卓に。

f0346786_14572920.jpg

いつものテーブルに白磁のデザインアイテムがあると
もっともっとお食事が楽しく、豊かになります。




秋の始まりは夕暮れどきに色濃く感じます。
茜色の空を見ると、なぜか子供も頃のことを思うものでして。

そういえば、最近はこの田舎でも子供が駆け回る姿を見ない。
近頃は子供たちも遊ぶヒマがないのだろうか。

f0346786_15245756.jpg
三河内駅近くの高台から。



先日、土日で家族旅行に来られたお客様が
お子様のスケジュールが忙しすぎて8月は出掛けられず9月に入ってようやく来れました、と。
その9月もサッカーの試合やら、
バレエのお稽古で週末ごとにお忙しいとか。
しかし、その陰にはお母様方のご尽力が。
それでも、素敵な器にのせたお食事をインスタにアップしたり、ご自身もお仕事におしゃれに目まぐるしい身のこなし。
お母様の奮闘ぶりに改めて感服したのでした。


簡単料理に家族を馴らした私には
あまりにも耳の痛いお話、がんばろー今夜くらい。



どうぞ私にステキな家族話を聞かせてください。
お店でお待ちいたしておりますよ。

See you…♪


[PR]
# by kikoujin | 2017-09-15 15:30 | new item ♯ | Comments(0)

ピンチはピンチ。

暑さに負けず、食欲はしっかり。
我が家の台所は忙しい……な、の、にっ!

IH調理機が壊れてしまった( ノД`)

仕方なくカセットコンロとポータブルIH調理機で乗り切る。
忙しいお盆もこの状態で、
かなり要領よくやらないとブレーカーが落ちる…

そんな台所事情も10日も経てば
お弁当も朝食も普通にこなせるようになり
何やかんやと、こなす技も身に付く。

そんな最中の撮影です。

福泉窯さんの「染付割地紋 菊割長角六寸皿」に盛りつけます。

f0346786_02253057.jpg

丁寧に描かれた割地紋
リズミカルで、完成度の高い美しい絵付けが
お料理を引き立たせてくれるという、
素晴らしく贅沢なお皿です。

ほど良い長角のバランスも、
盛り付けしやすく
今っぽいモダンさを醸し出してくれます。
f0346786_02265084.jpg


お箸でいただくお肉料理。
縁の立ち上がりはソースのあるメニューに安心ですね。

そして菊割の形状と高台が品格高く、
その日の自慢のひと品を盛りつけたくなります。

末永く大切に使いたい、受け継がれる逸品でしょう。

こちらの新作は、まだお取り扱い店も少ないので
まずはご自身用にと、
楽しみにお買い求めのご様子♪
お気に召されたら、来客用、ギフトに、と。
皆さまもぜひ。




有田の隣町、波佐見町で生まれ育った私。

今の実店舗から歩いて3分くらいの
泉山(いずみやま)に同い年の従妹がいました。

そこのおじ様は「今から来るね?」(佐賀弁で「来る」は「行く」の意)
と、よく誘って頂き、泉山宅へ。
泊まることもしばしば…。

家の下を流れる河川には蛍もやってくる清らかな場所。
夏の暑さもおかまいなしに
どこまでも歩き、どこにでもしゃがんでは
木陰の風を感じ、大公孫樹(大銀杏)を見上げました。

そう、気づけば8月も終いの方。
2ヶ月も経てば色づく大銀杏。

長く暑さと戦っているように感じるが、
存外、夏は短い。

言い訳だらけの胃袋は締めておかねば!
一難去っても、
台所はやはり、ピンチなのだ……

See you …♪



[PR]
# by kikoujin | 2017-08-23 10:00 | Comments(0)

和食器屋スタッフ修行中!


by kikoujin
プロフィールを見る
画像一覧