ブログトップ

Kikoujin staff diary - いまさらツイート -

茶は嬉野に限る。

空気がさらさらと乾いてくると
温かいお茶がしみじみとおいしく感じられる。

幼いころからお茶と言えば嬉野茶
これはどうにも譲れない。

部類のお茶好きだった祖父は
そろそろお茶が切れるか?
と口実を作っては何人か供を連れお茶屋さんへ。
f0346786_14304248.jpg
当時は最も楽しみなお出かけで
お茶の試飲はもちろん
お茶の糸切羊羹や飴,最中,酒のあてに鰻…
土産をたくさん買い込んで帰る。
そしてこれまた趣味の盆栽を物色し
何かしらゲットする祖父。
少年のようなうきうき感だろうな。
でも、トレードマークの真一文字に結ばれた
口元は少しも緩むことはなく
家で土産を広げるときも
とくに何も言わず
ひたすらにお茶をすすって盆栽を眺める。

今の私はこんなかわいいポット
これまたかわいいカップでお茶をする。
f0346786_14304281.jpg
しかし祖父に習ってやってしまうのは
「一番茶は仏様に。我々は次だ」
とかいって、、、一番濃いところ狙い!
底が見えないほど濃く苦みさえ感じる味が
祖父譲りの大好きな味。
こっそり舶来物の洋菓子を手元に置き
時代劇に付き合うと分けてくれたことも
なんとも懐かしい。

さて、web shopではnew item
一峰窯さんの「台つき汁つぎ」登場♪
実店舗でお土産にと大変好評です。
f0346786_14334932.jpg

しょうゆさしと違っていろんなタレに使え
今まで容器に悩んでたの、という
ドレッシングやクリーム系の液体
シロップなどに重宝します。
ふたや受け皿にまで丁寧な絵付けが施され
来客時にはテーブルを上品な印象に。
使ってみたら絶対にお友だちに勧めたくなる商品です!

店舗と在庫を共有いたしております。
引き出物など数は別途ご相談承ります。


全国、全世界のお茶が取り寄せられる時代。
祖父にとっての嬉野茶は「目黒のさんま」宜しく
語ろうにもそれしかない存在だったのかもしれない。
今となっては大切なことかもと思ったり…

秋いろいろ、see you ♪

[PR]
by kikoujin | 2015-09-27 15:05 | new item ♯ | Comments(0)

和食器屋スタッフ修行中!


by kikoujin
プロフィールを見る
画像一覧